漢方外来ナビ

漢方イライラ・ストレス外来のご案内

漢方イライラ・ストレス外来のご案内

エリア・最寄駅から探す

 

このような方が多く相談にいらしてます

人間関係がうまくいかず、落ち込んでいる 仕事量の変化があった
(スピードや量の変化・課員の減少)
人間関係のストレスがある 子供の入学・受験
親戚や近所の方とのトラブル 過食、少食、不規則などが続いている
職場の人間関係のトラブル
(上司・同僚・部下・顧客)
花粉やほこりにアレルギーがある
家族内での会話の減少 飲酒量や頻度の増加
最近転職した・転職活動をしている 多忙のため心身の疲労、あちこちが痛い
睡眠環境の変化が激しい
(不眠・過眠・不規則)
配偶者や親しい人の死

漢方ストレス(落ち込み)・イライラ外来とは?

ストレスやイライラは現代の代表疾患です。
通勤の電車・職場・家庭などでストレスやイライラを感じる時間は多く、
リラックスする時間はほとんどない。
少しでも不安な気持ちを落ち着かせたい。今すぐにこのイライラに対処したい。
そんな方の力になれるのは漢方ストレス・イライラ外来です。

漢方ストレス(落ち込み)・イライラ外来のメリット

  1. 検査結果は何ともないと言われ、あちこちの内科や精神科、心療内科などを受診してもいっこうに改善しない。しかし、体調不良が続く。こういった方の多くが原因不明と判断されてしまいます。
    漢方外来では検査結果で異常が出ない疾患こそ治療の対象にしています。
  2. 東洋医学的診断方法では望診・聞診・問診・切診の診断方法により、あなたの体質傾向をチェックします。
    西洋医学とは全く違った理論で原因を解明し、治療することでストレス(落ち込み)・イライラからくる不調を改善します。
  3. 漢方ストレス(落ち込み)・イライラ外来では、ストレスを4つに分類して考えます。
    (1)精神的ストレス(対人関係・コミュニケーション)
    (2)環境的ストレス(季節の変わり目・職場や学校の環境)
    (3)科学的ストレス(栄養の過剰摂取・薬品・大気汚染・花粉)
    (4)構造的ストレス(姿勢・身体のゆがみ)
    このどれに問題があるかで治療方針が変わってきます。
    ストレスと一口に言っても、人によって受けるストレスは異なります。
    あなたに合わせたストレス治療をご提案します。

患者さんの声

職場での人間関係に対するストレスに対処できるようになってきました。

会社員 45歳男性

職場では中間管理職なので、上からも下からもストレスがあり、顧客からの当たりも強く、対人関係でのストレスが強く、食欲もありませんでした。家族にも当たってしまうことが多く、その度に落ち込み、家庭での環境も最悪でした。ストレスから飲酒量も増え、睡眠も浅く、身体も疲れていました。
精神科で処方された安定剤と睡眠導入剤で症状は緩和しましたが、長期的に服用することに不安を感じ、今度はそれがストレスに感じるようになりました。長期的に服用しても副作用の少ない漢方薬で治したいと思い、今は精神科で処方された安定剤と漢方外来で処方された漢方薬でコントロールしていますが、もう少し症状が改善すれば漢方薬のみでも大丈夫そうです。今まであった職場での人間関係に対するストレスに対処できるようになってきました。

不眠症が改善すると胃の調子も良くなってきました。

会社員 36歳男性

会社での人間関係のストレスで、夜眠れない日が続きました。
食欲がないのに、仕事の付き合いでお酒やご飯を食べなくてはいけないケースが多く、胃を悪くしてしまいました。内科で胃薬を処方してもらいましたが、なかなか症状は改善されませんでした。
とにかく忙しいので、漢方処方と聞くと診察に時間がかかる気がして抵抗がありました。
知り合いから漢方外来で的確に素早く診てくれるクリニックがあるという話を聞き、受診しました。
仕事で忙しい私にとって助かりました。気持ちを落ち着かせる漢方を夜に服用することで不眠症が改善すると胃の調子も良くなってきました。

不安感や焦燥感が和らぎました。

会社員 40歳男性

転勤が多く、新しい勤務先へ移る時期は不安感と焦燥感が同時にあり、眠れない日や下痢が続く時もありました。心療内科で処方された安定剤で症状をコントロールしていましたが、長期的に服用するのであれば、もう少し身体に優しい療法に切り替えたいと思い、漢方外来を受診しました。
漢方外来で処方された漢方薬を3か月間服用すると、今まであった不安感や焦燥感が和らぎました。夜も熟睡できるようになりました。

夫婦仲が改善しました。

会社員 35歳女性

仕事が忙しく、家事もこなさなくてはいけなかったので常にイライラしていました。
ストレスの発散に暴飲暴食をして、飲酒量が増え、二日酔いや頭痛が出るとすぐに吐き気止めや痛み止めを服用するようになりました。
こんな生活を変えたいという思いはありましたが、どこへ治療に行けばいいのか分からず悩んでいました。
自分の症状とイライラ・ストレス外来に書いてある症状が合致していたので受診しました。漢方を飲むと身体の血流が良くなり、イライラする回数も減ってきました。休日は気分転換に出かけるようになり夫婦中も改善しました。

肩こりと耳鳴りが改善しました。

経営者 50歳男性

お酒を飲んだ時や夜になると耳鳴りがあり、それがストレスで睡眠も浅くなりました。ちょっとしたことで頭に血が上ってしまい、肩こりや動悸もありました。精神科や耳鼻科では検査に問題はなく、リラックスを心がけるように言われました。少しでも症状を改善したい思いで、イライラ・ストレス外来を受診しました。思い当たる原因を言い当てられ、漢方処方についても納得できたので、服用を開始しました。3カ月くらいで耳鳴りとイライラ感が改善しました。もう少し継続して続けてみようと思っています。

ストレス(気分の落ち込み)、
イライラでお悩みの方に
漢方外来ナビが信頼される理由

現代の社会環境はストレス社会となり、これまでになかった体の不調に悩まされている方が急増しました。
そんなあなたの力になりたい。イライラ・ストレス外来はあなたの味方です。
東洋医学的診断方法ではストレスやイライラに対して五臓の内「肝」の働きを確認します。
肝には感情をコントロールする作用があり、肝の機能が亢進すると頭痛やヒステリーを起こしやすくなります。
また、肝は消化器系にも影響し、食欲不振や便秘を招いたりします。
ストレスやイライラの治療には肝の機能を正しく見極めることが重要です。漢方外来ナビ独自の東洋医学的診断方法と、必要に応じて、鍼治療による全身治療を行います。鍼治療では低周波療法と組み合わせることで、気持ちの落ち込みを回復させ、イライラ感を沈め、体の痛みやストレスの軽減、緊張を緩和するように体の調節を行います。
ストレスやイライラといっても出る症状は人それぞれです。漢方外来ナビの的確な診断による治療を試してみませんか。

クリニックのご紹介 医師のご紹介

お知らせ

トピックス
メディア掲載情報
メール問い合わせ 電話問い合わせ