漢方外来ナビ

梅雨時期は食欲不振と下痢になりやすい?知って得する健康対策!

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

 

 

“湿”と梅雨の体調不良の関係

漢方医学では、身体に害を及ぼす外気温のことを六淫(りくいん)と呼びます。
湿邪は六淫のうちの自然界に存在する「風・寒・暑・湿・燥・火」の一つで、
湿気の多い季節の体調不良を「湿邪」と結びつけて考えます。
体の外側の湿気の強さにより、肌や筋肉、関節が影響を受け、
倦怠感やむくみ、おもだるい痛みなどを起こします。
また、体の内側で“湿邪”が胃腸に溜まり、水分代謝が悪くなることで、
食欲不振や下痢などの症状を引き起こします。
東洋医学では、体のだるさや食欲不振、頭重感などの症状は“湿邪”によるものだと考えられています。
体内にある余分な水分により体調を崩すという考え方です。



お皿 生薬

 

 

梅雨に負けない!健康対策の方法とは!?

1.自分の体質に合った漢方を服用してみましょう!

 

 

真武湯

 

 

冷えが強い方は、身体を暖める生薬が含まれた「真武湯」がお勧め!
真武湯は、体を温めることで体の機能を高める作用があります。
これによって、冷え性やめまい、慢性の下痢症状、消化不良、冷房病などの症状を改善します。

 

 

\真武湯は、こんな体質の方におすすめ/

  1. 虚弱な体質である
  2. 風邪を引きやすい方
  3. 倦怠感やめまいがる方
  4. 冷房にあたると、身体がすぐに冷えてしまう
  5. 腹痛や下痢などを起こしやすい方

六君子湯
胃腸に強い負担がかかっている方は、
胃腸を健やかに整える効果のある生薬が含まれた「六君子湯」がお勧めです。
六君子湯は、胃腸の働きをよくし、水分の停滞を改善する作用があります。
これによって、胃もたれ、胃痛、吐き気などの症状を改善します。

 

\六君子湯は、こんな体質の方におすすめ/

  1. お腹に水が溜まっている方
  2. やせ形で胃腸が弱い方
  3. 顔色が悪く、疲れやすい方
  4. 舌の苔が厚い方
  5. 吐き気や呑酸が強い方

 

 

五苓散

 

 

むくやすい方は、利尿効果のある「五苓散」がお勧めです。
五苓散は、身体の水分を調整することで、むくみや吐き気、下痢などの症状を改善します。

\五苓散は、こんな体質の方におすすめ/

  1. むくみに悩まされている
  2. 口が乾きやすい
  3. トイレに行く回数が人より少ない
  4. めまいや頭痛がある
  5. 二日酔いや車酔いになりやすい

 

梅雨の体調不良には、自分の体質に合った漢方をセレクトすることで、
つら~い症状が改善されますよ!

 

2.適度な運動を心掛ける

運動する為の時間が取れない方は、階段を積極的に利用しましょう。
また、寝る前にストレッチの習慣を身につけることもお勧めです。

3.住環境を整える

湿度の高さは体調を悪化させる強い要因となります。
エアコンの除湿機能を上手く利用しましょう。

4.食べるものを気を付ける

食欲不振で胃腸も弱っている梅雨の食事では、胃腸に負担をかけないようによく噛むことが大切です。
体を冷やす食事は、控えましょう。
体が冷えると、むくみやすくなってしまいます。

5.自律神経を整える

自律神経を整えるためには、睡眠の質がとても大切です。
寝る直前は、スマートフォンやPCは控え、
7時間程度は、睡眠時間を確保ようにしましょう。
難しい方は、日中に5分程度目をつぶって休む時間を作ることをお勧めします。

 

梅雨時期の辛い症状を改善するための漢方処方は、
保険適用の漢方薬で改善!
まずは、ご相談にいらしてください。

クリニック桜丘      
〒150-0031 
東京都渋谷区桜丘14-6-101 黒松ビル1F
JR渋谷駅南口徒歩3分 月~金 10:00-12:30/15:00-17:30

ヒラハタクリニック
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-24-6 マトリクス・ツービル9F    
JR渋谷駅徒歩3分 月~金(水休診)16:00-20:00

大門メディカルクリニック 
〒105-0013
東京都港区浜松町2-1-16 SVAX浜松町IIビル 5F 
JR浜松町徒歩2分 月~金11:00-13:00/15:00-19:00

漢方外来総合ご予約・受付センター 電話番号:03-4405-8923
                 お問い合わせ先:info@kampoclinic.net
※漢方外来は、完全予約制です。
ご予約は、漢方外来総合ご予約・受付センターへお気軽にお問い合わせください。
【クリニックにおける漢方薬治療のQ&A】
Q.保険適用の漢方薬治療っていくらかかるの?

A.保険適用の漢方治療の場合、およそ月2500円から始められます。
クリニックでの診察代と調剤薬局でのお薬代がかかります。
以下の料金はあくまで目安とお考えください。
クリニックでの診察代金
初診1050円~ 再診580円~
調剤薬局での調剤、お薬代金
調剤費500円~+漢方薬代500円~
※保険適用で3割負担/1日3回服用3週間分の場合
※検査内容や処方によって異なります。

Qなぜ保険適用の漢方薬治療が良いの?
A 医師が診察を行うことで、適切な処方を行うことができます。
保険が適用となりますので、費用の負担が少なく、継続治療が可能となります。
漢方薬の効果は、服用を続けることで、漢方薬の有効成分を吸収できる身体になり、
体質改善されることによって、不調を改善いたします。
また、医師による西洋医学的検査の管理を行うことで、
長期服用時の副作用が回避でき、安心して治療が出来ます。

2016年7月8日

お知らせ

トピックス
メディア掲載情報
メール問い合わせ 電話問い合わせ